プッシュアップバーの使い方とは?大胸筋だけじゃない効果的な鍛え方

今回は、プッシュアップバーの効果的な筋トレ方法や正しい使い方についてご紹介したいと思います。通常の筋トレでは鍛えることができない筋肉も効果的に鍛えることができます。プッシュアップバーの使い方を学び、細マッチョ体型を目指していきましょう!

プッシュアップバーの使い方とは?大胸筋だけじゃない効果的な鍛え方のイメージ

目次

  1. プッシュアップバーの使い方や効果、筋トレ方法を大公開!
  2. そもそもプッシュアップバーって何?どんな効果があるの?
  3. プッシュアップバーを使うメリットや効果
  4. プッシュアップバーの筋トレで鍛えられる部位
  5. プッシュアップバーの効果的な使い方や筋トレ方法
  6. 効果絶大!プッシュアップバーの使い方や筋トレメニュー
  7. プッシュアップバーで効果的な使い方や大胸筋の筋トレメニュー
  8. プッシュアップバーで効果的に上腕三頭筋の筋トレを!
  9. プッシュアップバーで効果的に腹筋の筋トレを!
  10. 効果抜群のプッシュアップバーの使い方や筋トレ法
  11. プッシュアップバーの選び方や使い方で効果が変わってくる!
  12. 安定感で選ぶなら「鉄人倶楽部」のプッシュアップバー
  13. 安さで選ぶなら「SINTEX」のプッシュアップバー
  14. デザインと耐久性の揃った「adidas」のプッシュアップバー
  15. プッシュアップバーの筋トレでバキバキの体を手に入れよう!

プッシュアップバーの使い方や効果、筋トレ方法を大公開!

出典: http://xpurin.net

今回は、プッシュアップバーの使い方や筋トレメニューについて大公開したいと思います。プッシュアップバーの使い方は色々あり、大胸筋の筋肉を鍛えること以外でも使用することができます。ぜひとも、プッシュアップバーの筋トレで効果的に細マッチョな筋肉を目指していきましょう!

そもそもプッシュアップバーって何?どんな効果があるの?

出典: https://www.amazon.co.jp

知らない方のために簡単に説明させていただきます。プッシュアップバーとはトレーニング器具の仲間であり、主に大胸筋の筋肉を鍛える筋トレで使用します。通常の腕立て伏せと同じ形でプッシュアップバーを使用していくのですが、安定感が出たり、より筋肉に負荷をかけることができるので非常におすすめのトレーニング器具です。

出典: http://xpurin.net

プッシュアップバーは自宅で重宝できるトレーニング器具ですし、何よりも安いのが魅力的です。プッシュアップバーは1000円前後で購入できますし自宅で簡単に強度の高いトレーニングを行うことができます。

プッシュアップバーがない方はぜひともこの器具を購入していただき、効果的に筋トレを行い、細マッチョボディな筋肉を手に入れていきましょう!

プッシュアップバーを使うメリットや効果

出典: http://xpurin.net

続いて、プッシュアップバーの筋トレの効果やメリットについてご紹介させてください。プッシュアップバーを使用することでたくさんの効果を得ることができます。

強度の高い効果的な筋トレが可能に!

出典: https://kintore-master.com

プッシュアップバーを使用することでより強度で過酷なトレーニングを行うことができ、効果的に筋肉を鍛えることができるようになります。

プッシュアップバーを使えば、腕立て伏せよりも上体を深く沈みこませることができるため、胸筋の筋肉全体に刺激を行き渡らせることができます。ですので、腕立て伏せでは鍛えられない筋肉まで筋トレが出来る効果的な筋トレ方法なのです。

手首を痛めずに筋トレができる!

出典: https://kintore-master.com

通常の腕立て伏せを行う場合、手首を曲げて体を支えることになるのでどうしても手首への負担が大きくなってしまいます。しかし、プッシュアップバーは手首への負担が軽くなりますし、怪我の予防にもなります。

また、腕立て伏せだと腕への負荷が大きく、大胸筋の筋肉に効かせることが難しいのですが、プッシュアップバーを使うことでダイレクトに大胸筋の筋肉へ刺激を与えられると同時により多くの回数をこなすことができるようになります。

ですので、筋力がない女性や筋トレ初心者の方はプッシュアップバーを使った筋トレがお手軽で効果的でおすすめです。

可動域が広がって筋トレ効果倍増!

出典: https://kintore-master.com

筋トレは筋肉を伸ばしたり、縮めたりする動作を行い筋肉へ刺激を与えるのですがこの動作がしっかりと行えていないと筋トレの効果が半減してしまいます。

ですが、プッシュアップバーを使った筋トレは腕立て伏せよりも地面からの高さ、つまり動作の可動域が広がるのでより筋肉にストレッチをかけることができるようになります。プッシュアップバーを使うことで筋トレ効果が倍増しよりダイレクトに筋肉に刺激を与えることができます。


プッシュアップバーの筋トレで鍛えられる部位

出典: https://kintore-master.com

プッシュアップバーで鍛えることができる筋肉について簡単に説明したいと思います。主にプッシュアップバーは腕立て伏せと同じ動作を行うので、大胸筋、三角筋、上腕三頭筋の筋肉を効果的に鍛えることができます。

手幅を変えたり、姿勢を斜めにしたり、角度を変えることで鍛えられる筋肉は変わりますが基本的にはプッシュアップバーは大胸筋の筋肉を中心に筋トレができます。

出典: http://diamond.jp

また、プッシュアップバーを使い、姿勢を斜めにすれば腹筋の筋肉を筋トレすることも可能です。詳しいやり方は後述しますが腹筋の筋肉全体を鍛えることができます。

使い方次第でたくさんの部位を効果的に鍛えることができるのでぜひとも、プッシュアップバーを活用していただいて効果的に筋トレをし筋肉をいじめ抜いて欲しいと思います。

プッシュアップバーの効果的な使い方や筋トレ方法

出典: http://mr-ty.com

プッシュアップバーの基本的な使い方とコツについて説明したいと思います。通常の腕立て伏せと同じ動作を行うので難しい動作はないのですが、プッシュアップバーの筋トレを行う際に抑えておいて欲しいポイントがあるのでご紹介します。

手幅は肩幅より少し広めに

出典: https://kintore-master.com

プッシュアップバーの手幅を広くすると大胸筋の筋肉に、手幅を狭くすると上腕三頭筋の筋肉にダイレクトに効かせることが出来るのですが、基本的には肩幅よりも少し広めの位置の手幅にしましょう。

手の角度についてですが、八の字の向きにプッシュアップバーをセットします。置き方を八の字にすることで肘が外側を向くことになります。そうすることで、負荷が分散せず効果的に大胸筋の筋肉をプッシュアップバーで筋トレができます。

姿勢を一直線にキープ

出典: http://news.livedoor.com

通常の腕立て伏せにも言えることなのですが、回数をこなしていくうちに背中が丸まったり、逆にお尻が下がり過ぎてしまったりするので姿勢が一直線になるようにキープしましょう。プッシュアップバーを使う際は、斜めに一直線の姿勢が効果的かつ理想的です。

プッシュアップバーを使う際に姿勢をキープしようとすると、腹筋の筋肉に力を入れることになるので同時に腹筋の運動にもなります。キツくなってもなるべく姿勢を真っ直ぐにキープしながらプッシュアップの回数をこなし筋肉に刺激を与えていきましょう。

床につくギリギリまで下ろす

出典: http://news.livedoor.com

できれば、大胸筋の筋肉が床につきそうなラインにまで下ろすのが理想です。せっかくプッシュアップバーを使っているのですから特性を最大限生かして強度の高いトレーニングをしていきましょう。

通常の腕立て伏せと同じ可動域だと効果が変わらないのでしっかりと深く斜めに体を落とし込んで効果的にプッシュアップバーで筋トレの回数をこなしていき、筋肉に刺激を与えましょう。

効果絶大!プッシュアップバーの使い方や筋トレメニュー

出典: http://girlie-sokuhou.com

では、いよいよプッシュアップバーを用いた筋トレメニューをご紹介したいと思います。手幅を変えたり、角度を変えたりすることで色々な筋肉を鍛えることが出来ます。では、早速プッシュアップバーを使ったトレーニングを行っていきましょう!

プッシュアップバーで効果的な使い方や大胸筋の筋トレメニュー

大胸筋全体の筋肉を鍛える使い方

①肩幅より広めにプッシュアップバーを八の字に置く
②体が真っ直ぐになるようにし、顎を上げる
③大胸筋が床につくぐらいまで落とし込む
④上体を元の位置に戻す
⑤繰り返す

プッシュアップバーの位置を広めに取れば取るほど、大胸筋の筋肉にダイレクトに効かせることができるメニューです。最初は、肩幅より少し広めで斜めに行い、慣れてきたら徐々に幅を広げていくと効果的です。

また、プッシュアップバーを使う際に背中の筋肉が丸まらないように斜めにならないように注意しましょう。筋トレを行っている際は呼吸を止めずに上体を持ち上げた時に息を吐くようにすると効果的です。回数としては20回×3セットを目安に行うと良いです。

大胸筋上部の筋肉を鍛える使い方

①肩幅より少し広めの位置にプッシュアップバーをセットする
②足をベンチなどに置き、足の位置を高くする
③体を一直線にキープしたまま、上体を下ろしていく
④できる限り上体を下ろし、元の位置まで戻る
⑤繰り返す

足の位置を高くし角度をかけることでより大胸筋の上部の筋肉に効かせることができるトレーニングメニューです。通常のプッシュアップだとなかなか大胸筋の上部の筋肉に刺激を与えることができないのですが、このように斜めに角度をつけてあげることで上部の筋肉に直接効かせることができるようになります。

プッシュアップバーを使う際に姿勢をなるべく斜めに真っ直ぐにキープし、姿勢が崩れないようにするのが効果的です。回数は15~20回×3セットが目安になります。

大胸筋下部の筋肉を鍛える使い方

①肩幅より少し広めの位置にプッシュアップバーを置く
②通常の腕立て伏せの手の位置よりも後ろにセットする
③体が一直線になるように上体を下ろしていく
④ゆっくりと上体を起こしていく
⑤繰り返す

大胸筋下部の筋肉をメインに鍛えることができるメニューです。プッシュアップバーをやや後ろの方にセットした状態で姿勢を斜めにしてプッシュアップを行うと大胸筋下部の筋肉を鍛えることができ、効果的です。

プッシュアップバーを置く位置で鍛えられる筋肉が変わるので色々と試して見てください。15回×3セットが目安の回数になります。

プッシュアップバーで効果的に上腕三頭筋の筋トレを!

プッシュアップバーで上腕三頭筋の筋肉をを効果的に鍛えることも可能です。通常の腕立て伏せでも上腕三頭筋の筋肉をを鍛えることが出来るのですがより上腕三頭筋の筋肉に効かせることができるメニューを紹介したいと思います。逞しい上腕三頭筋の筋肉を手に入れていきましょう!

上腕三頭筋の筋肉を鍛える使い方

①肩幅の位置にプッシュアップバーをセットする
②脇を閉めて体を一直線にキープしたまま上体を下ろす
③上体を元の位置に戻す
④繰り返す

上腕三頭筋の筋肉を効果的に鍛えるメニューになります。ちょうど肩幅くらいでプッシュアップを行うと上腕三頭筋の筋肉を効果的に鍛えることができます。肩幅より狭くしてしまうと負荷が分散されて上腕三頭筋の筋肉に効かせることができないので肩幅の位置で行うようにしましょう。

プッシュアップバーを使う際のポイントは上体を下ろす際に必ず脇を締めるようにすることで効果的に筋肉を鍛えることができます。回数は15~20回×3セットが目安になります。

リバースプッシュアップの使い方

①プッシュアップバーを肩幅より広めの位置に置く
②プッシュアップバーが後ろになるように上体を整える
③軽く膝を曲げ、手だけを使って上体を下ろす
④腕の力で上体を持ち上げる
⑤繰り返す

プッシュアップバーを用いたリバースプッシュアップになります。バーの位置を後ろにセッティングし、斜めの姿勢になり、腕の力で上体を上げ下げし筋肉に刺激を与えます。

上腕三頭筋の筋肉に効果的にダイレクトに効かせることができます。それと同時に肩の筋肉の三角筋も鍛えることが出来る効果的なトレーニングメニューになります。回数は15回×3セットが目安になります。

プッシュアップバーで効果的に腹筋の筋トレを!

プッシュアップバーで効果的に腹筋の筋肉を鍛えることもできます。腹筋全体を鍛えることも可能ですし、腹筋の横の筋肉も鍛えることができます。通常の腹筋運動とプラスして行うといいでしょう。では、具体的な腹筋の筋肉の鍛え方をご紹介したいと思います。

腹直筋の筋肉を鍛える使い方

①プッシュアップバーを体の横にセットする
②軽く膝を曲げ、脇を締めた状態で体を浮かせる
③上体をやや後ろに傾け体がL字になるように姿勢をキープする

腹筋全体の筋肉を鍛えることができる効果的なプッシュアップバーの筋トレメニューです。初心者の方は上体をキープする際に軽く膝を曲げても構いません。できれば足を真っ直ぐにし体がL字になるようにします。

上体を少し斜めにしたほうが筋肉に効果的です。キープする時間は、30秒を3セットが目安になります。できる方は長く時間を取るとより筋肉を鍛えることができます。

腹斜筋の筋肉を鍛える使い方

①体の横にプッシュアップバーをセットする
②足を上げ脇を締めて上体を浮かせる
③左右に体をひねる(足を左右に動かす)

体を左右にひねることで腹斜筋(腹筋の横)の筋肉を効果的に鍛えることができます。プッシュアップバーを使う際に姿勢を斜めにし、上体を浮かせた状態で体をひねって筋肉に刺激を与えます。

初心者の方は軽く膝を曲げて行うと良いです。出来るようになれば足を一直線にした状態で行うとより筋肉に効果的です。回数は自分のできる範囲で設定してください。

効果抜群のプッシュアップバーの使い方や筋トレ法

①肩幅より狭くしお腹の位置にプッシュアップバーを置く
②腕の力だけで上体を真っ直ぐにキープする

かなり高度な効果抜群のトレーニングメニューになります。腕だけで上体を支えるので筋トレ上級者向きの筋肉トレーニングになります。筋肉に物凄く刺激が与えられます。

腕だけで上体をキープするのですが、それと同時に強い体幹の力も必要になるのでハードなトレーニングメニューです。プッシュアップバーを使うこのトレーニングの回数は自分でできる範囲で設定してください。

プッシュアップバーの選び方や使い方で効果が変わってくる!

出典: https://www.amazon.co.jp

続いて、どういうプッシュアップバーの器具を購入すれば良いのか分からない方もいると思うので、器具の選ぶ際のポイントについてご紹介したいと思います。これからプッシュアップバーを購入しようと思っている方は参考にしてみてください。

耐荷重をしっかりと確認すること

出典: http://xpurin.net

耐久性と安定感はプッシュアップバーの器具を選ぶ際に重要なポイントになります。プッシュアップバーによって耐荷重が決まっているので選ぶ際には自分の体重が耐荷重以下であることをしっかりと確認するようにしてください。

また、プッシュアップバーに耐荷重に余裕があればあるほど加重もでき効果的に筋肉を鍛えられますし、アレンジが効きやすくなるのでなるべく耐久性がある器具を選択しましょう!

床にしっかりとフィットするか

出典: http://muscle-manager.com

プッシュアップバーが床にフィットするかどうかを確認しましょう。プッシュアップをする際にぐらついたり、滑るようだと怪我をするリスクが高まりますし、筋トレの効果も半減してしまいます。また、滑りやすいと筋肉に刺激がうまく与えられず非常に勿体ないです。ですので、床にフィットする素材がプッシュアップバーの底に使用されているかを確認しましょう!

握り部分を確認すること

出典: http://muscle-manager.com

プッシュアップバーの器具によって、グリップがついていないものがありますのでしっかりとグリップが付いているかどうかを確認しましょう。グリップが付いていることで手の平への負担も少ないですし、姿勢が安定しやすいので回数も多くこなせます。しっかりとプッシュアップバーのグリップの部分を確認するようしましょう。

安定感で選ぶなら「鉄人倶楽部」のプッシュアップバー

出典: https://www.amazon.co.jp

安定感で選ぶなら「鉄人倶楽部」のプッシュアップバーの器具をおすすめします。シルエットがアイロンの形をしていますが耐久性が良く、安定感があります。素材自体は、プラスチックでできており軽いのが特徴です。

また、握るところに溝ができており握りやすい加工になっています。バーに傾斜が付いているのでプッシュアップをする際に安定して行うことができ効果的です。値段もお手頃で何を買えば良いのか分からない初心者の方にもおすすめしたいプッシュアップバーの器具になります。

安さで選ぶなら「SINTEX」のプッシュアップバー

出典: https://www.amazon.co.jp

プッシュアップバーの中で一番人気な器具になります。組み立て式でシンプルな形をしていますが、勿論耐久性も安定感も抜群です。グリップも付いていますし、握りやすく滑りにくくなっているので安心してプッシュアップを行うことができます。

何よりも魅力的なのが価格帯です。他のプッシュアップバーとスペックはほとんど変わらないのに、この「SINTEX」のプッシュアップバーは物凄く安価で手に入ります。そこまでこだわりはないけれどとりあえず、プッシュアップバーを買いたい方におすすめしたいと思います。

デザインと耐久性の揃った「adidas」のプッシュアップバー

出典: https://www.amazon.co.jp

デザインと耐久性で選ぶなら「adidas」のプッシュアップバーをおすすめします。「adidas」のプッシュアップバーは金属製でできており、耐久性が抜群です。デザインもオシャレな形をしていますし、安定感も抜群です。

握り手部分にグリップがしっかりと付いているので安心してプッシュアップを行えます。デザイン、そして耐久性で選ぶなら「adidas」のプッシュアップバーをおすすめしたいと思います。

プッシュアップバーの筋トレでバキバキの体を手に入れよう!

出典: https://nimai-me.com

今回は、正しいプッシュアップバーの使い方や効果、筋トレ方法までご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。特に自宅で筋トレを行う方にはぜひともプッシュアップバーを使いトレーニングを行っていただきたいと思います。

普段のプッシュアップだけでは鍛えられない筋肉まで鍛えることができますし、怪我の予防にもなりますのでぜひとも、プッシュアップバーを使い効果的に筋トレを行っていただければと思います。バキバキの筋肉にプッシュバーは非常におすすめですので活用していきましょう!

関連するまとめ記事

金井優人
金井優人

新着一覧

最近公開されたまとめ