トモダチ作戦で大量の被曝者!支援の舞台裏の真実とは

トモダチ作戦という東日本大震災で米軍が日本の被災者をいち早く助けてくれたが、その米軍の方々が被曝していました。 トモダチ作戦で米軍が支援の中で放射能の事を聞かされていなかった事等の舞台裏を、元総理の小泉純一郎さんの証言も参考にまとめた記事です。

トモダチ作戦で大量の被曝者!支援の舞台裏の真実とはのイメージ

目次

  1. トモダチ作戦で大量の被曝者を出した理由は?
  2. トモダチ作戦で被曝された方が多い理由は?
  3. トモダチ作戦の被害者とは?
  4. 東日本大震災の救出支援に大貢献したトモダチ作戦
  5. 小泉純一郎さんがトモダチ作戦を経て、行っている基金とは?
  6. トモダチ作戦で被曝した米軍が訴訟を起こしている?
  7. トモダチ作戦の海外での反応
  8. トモダチ作戦で被曝した真実とは?
  9. 海外からのトモダチ作戦で復旧した仙台空港の真実とは?
  10. トモダチ作戦に意外な裏側があった?
  11. まとめ

トモダチ作戦で大量の被曝者を出した理由は?

トモダチ作戦で大量の被曝者を出したのは、原発の危険性を十分に熟知していなかった日米と、その危険性を知りながら、情報を伝えていなかった可能性があります。
トモダチ作戦で、被曝した米軍が東電に対して訴訟を起こしているという事は、真実はどうあれ、被曝した米軍にとって、東電がきちんと安全性を考慮して原発を作っていなかった、きちんと情報を伝えて貰えなかったという想いがあるのは真実です。
情報をきちんと、伝えていれば、もしかしたら震災被害者である日本国民の大ぜいを助けて貰えなかった可能性はあります。ただ、その情報を伝えた上でも、被曝の可能性があるのがわかっていながらも、救出支援する米軍がいたであろう事も信じたいです。
自分の身がどうなろうと守るために行う行為は、インディペンデンスデイで、アメリカが大事にしている心の一つであるはずですから・・・

出典: http://www.pfikyokai.or.jp

トモダチ作戦集合写真

トモダチ作戦では、東日本大震災で仙台を含め様々な方々が救出支援されました。この震災の被害者は被災地の方だけでなく、トモダチ作戦で来て下さった米軍の方々も被害者と言わざるを得ません。
放射能汚染の事を聞かされず、被曝された米軍の方々も被害者です。この米軍被曝の裏側に放射能汚染の真実をトモダチ作戦の米軍に伝えていなかった真実があります。
ただ、この写真のように、米軍と仙台を含めた被災者の方々の絆は大切にしたいものですね。

トモダチ作戦で被曝された方が多い理由は?

出典: http://www.pfikyokai.or.jp

トモダチ作戦の一幕

トモダチ作戦で米軍が被災者に支援物資を渡す一幕です。この支援の裏側に、米軍が被害者となっているという真実があり、訴訟まで起こす事になるとは・・・
小泉純一郎さんが基金を集める事になり、どこまで海外に伝わっていくのでありましょう。

出典: http://www.pfikyokai.or.jp

トモダチ作戦で米軍と一緒に掃除する日本学生

この体育館のように、例えば仙台空港は、低い土地であり、浸水がすごかったようです。このトモダチ作戦で米軍が被曝され、海外でどのような生活を送っているのかは、とても気になりますね。恩は恩で返せる日本人でありたいですね。

トモダチ作戦の被害者とは?

出典: http://blog.livedoor.jp

トモダチ作戦で東電に訴訟を起こす被害者

トモダチ作戦で多くの日本人が助けられました。その中で、米軍が被曝という中、海外での反応として、訴訟を起こされている現状です。
訴訟というお金で解決できる話しではありませんが、この件については、被害者に基金を募るのは理解できます。

東日本大震災の救出支援に大貢献したトモダチ作戦

出典: http://blog.goo.ne.jp

トモダチ作戦で被曝した兵士に支援基金の訴え時、涙する小泉元総理

トモダチ作戦の被害者でもある米軍に支援基金を募る際に、小泉元総理は涙しました。
もちろん、私には文字で語り尽くす事はできないです。ただ、その裏側に原発の危険性の隠蔽、原発の危険性という真実を小泉元総理が感じ、様々な思いがあったのだと、思います。現在の原発の必要性はおいといたとしても・・・

小泉純一郎さんがトモダチ作戦を経て、行っている基金とは?

出典: http://saigaijyouhou.com

トモダチ作戦で被曝した米軍に支援基金を涙ながらに訴える小泉元総理

トモダチ作戦で米軍が被曝。安全だと思っていた原発が嘘だと気づいた小泉元総理。
基金を募り2億以上もうすでに集まっているとの事。今、この原発の被害者は訴訟という事にとどまらず、日本の政治を考える一つにもなっています
。今すぐ原発をなくしても6年は電気を賄えるわけで、その方向で太陽光発電や風力発電等々様々な自然エネルギーを模索していこうと訴える小泉元総理。
その気持ちはわかるが、すぐ辞めるのは理想論に過ぎないと、安全性に考慮しながらも、自然エネルギーを開発して大丈夫だと確信してから原発をなくすと方向の現政権。真実はわかりません、更に裏側には?

トモダチ作戦で被曝した米軍が訴訟を起こしている?

出典: http://sayuflatmound.com

トモダチ作戦で被曝した元海軍兵

トモダチ作戦での被害者には「ロナルド・レーガン」という原子力空母に乗っていた米軍の方々がいます。
彼は救出支援をし、本望かもしれませんが、家族は訴訟を起こしたくなる気持ちがわかります。
それが、ましてや、その真実として、放射能汚染の情報隠蔽が隠れているという裏側があるのなら尚更です。
訴訟を起こす、起こさない関係なく基金を募るのは日本人として当然な気もします。

トモダチ作戦の海外での反応

出典: https://ameblo.jp

トモダチ作戦を通しての海外との友情

トモダチ作戦を通して出来た米軍と自衛隊、そして、アメリカ人と日本人の友情。その中で、放射能汚染という真実から海外で訴訟を起こされているという問題があります。
そういった海外の反応はある中、海外の反応ではなく、自分が出来る限りの事をやる、という小泉元総理が基金を募り、それに賛同してくれた方々により、2億以上の基金が集まっている状態です。
例えば1億を出したニトリさんが、仮に売名行為であろうとなかろうと、この行為に関して有難うという言葉しか見つかりません。

出典: http://www.tdc.or.jp

トモダチ作戦で復興した仙台空港内の様子

日本でのマスコミ報道では、私個人が見た感じだと、今まで、日本の地元の人々が頑張る姿がほとんどでした。
ただ、真実として、海外トモダチ作戦による米軍と自衛隊の連携により、とても被災地のの方が助かり、実際この写真のように仙台空港は復旧しています。
その中で、放射能汚染という、海外から訴訟を起こされるような反応。受け止めなければいけませんね

トモダチ作戦で被曝した真実とは?

トモダチ作戦で被曝した真実には、様々な問題を抱える事になりました。皆さまも覚えているでしょうか?当時東日本大震災で被災地を復興するために消費税増税が行われたという事を。その消費税増税が、社会保障に全額使う事なく、復興支援に全額使う事なのない現実は皆様もご存知の通りです。そういう中、復興支援という名前で、被災された方でなく、東電への訴訟金に使われているのであろう、というのは予想しなくても、予想してしまいます。
小泉総理の基金は素晴らしい事でしょうが、基金や募金は様々な問題があると考えます。
例えば、被災地に募金すると困った人にお金がまわる可能性もあるでしょうが、回らない事の方が多い一面もあると考えます。
実際、被災で困っている人は、東北で暮らせず、やむを得ず東京等の都会で働いている若者が少なくないはずです。震災があり、家がなくても仮設住宅で過ごせるのは、ある程度余裕のある人々という考えは私だけでしょうか?もちろん全員ではないのでしょうが、様々な事が考えられる裏側があるといえるでしょう。

海外からのトモダチ作戦で復旧した仙台空港の真実とは?

出典: http://toktokplace.blogspot.jp

仙台空港は水の中

東日本大震災で水没していた仙台空港を復旧したのも、海外からのトモダチ作戦で支援して下さった米軍の兵士の方々です。この米軍の協力がなければ、仙台空港復旧はどれほど遅くなったものか・・・

出典: http://blog.livedoor.jp

復興後の仙台空港

海外からのトモダチ作戦で仙台空港は写真のように復興しました。ただ、その裏側に、海外米軍の放射能汚染による訴訟があり、その裏側に、放射能汚染を伝えなかったといった真実がある事を忘れてはいけませんね。

トモダチ作戦に意外な裏側があった?

出典: https://clubt.jp

トモダチ作戦Tシャツ

トモダチ作戦を通して、アメリカと日本の同盟が強固されたと考える半面、放射能被曝という訴訟を起こされた事を考えると、一枚岩ではないでしょう。
この訴訟を起こされるという裏側に、放射能汚染の情報を伝えていなかったという事があります。このような問題を乗り越えて、更に有事でなく、平時でもトモダチ作戦を通して、日米関係を強固していってほしいものです。

まとめ

出典: https://ameblo.jp

トモダチ作戦と絆と本

トモダチ作戦で多くの被災者が救われました。その支援活動後、放射能汚染という被曝された、トモダチ作戦の米軍。この放射能汚染により、身体が不自由となる結果、東電に訴訟を起こす事等の結果になってしまいました。



トモダチ作戦により、米軍と自衛隊の絆が深まった事は真実です。ただ、その中で、原発というものが100%安全でないという事も自覚しながら、今後の政治も考えて行かなければならないかもしれません。

放射能汚染を伝えないという裏側に、原発により利益が出ている人たちがいるというのはもちろんの事、逆に原発を使わず、具体的にどのような自然エネルギーで賄うのか、与党であろうと野党であろうと、政治の資金を使わず、自腹を切って自分の政策に打ち込む政治家がどれほどいるのでしょうか?

今回、トモダチ作戦を通して、小泉元総理が自ら基金を募り、涙する場面を見ました。私個人の意見ですが、小泉元総理の総理時代の政策に関して、賛否両論があり、無知な私にとっても、政策的にはどうかな?という部分もあります。

ただ、それより、政策がどうあれ、こういう人なら、多少間違った政策であれ、消費税がどうであれ、まぁ騙されたと思って自分にとって不利益でも良いと思う事もあるのではないでしょうか?

このトモダチ作戦を通して、精神誠意やれることをやれば、トモダチ作戦での絆がある米軍の方々は納得していける可能性があるというのは、理想論なのかな?と思います。

その他 自衛隊の記事はこちら

「自衛隊の自殺」海外派遣で増えている?自殺率やPKO派遣の手当まとめ | xtreeem[エクストリーム]
『特殊作戦群』陸上自衛隊の”忍者”部隊の実力とは?都内での秘密訓練も | xtreeem[エクストリーム]

関連するまとめ記事

きさま
きさま

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ